山藤のあゆみ

~ 創業より118年。山藤は財布作りと共に歩み続けます。 ~

  • 明治32年(1899年) 山本徳太郎17才で独立、本郷区根津八重垣町15番地で創業する。
  • 明治39年(1906年)11月 山本徳太郎24才で没。山本藤次郎が後を継ぐ。
  • 昭和2年(1927年)に現在の本社所在地台東区元浅草に移転する。
  • 1970年代後半にLouis Feraudのライセンス商品を、日本のメーカーとしては初めて制作する。
  • 昭和46年8月(1971年) 山藤ビル竣工
  • 平成16年4月(2004年) 山本浩司が5代目代表取締役に就任
  • 平成23年10月(2011年) 工房ショップをオープン

山藤の商い

昭和20~30年代は、商品カタログなどは簡単には作れなかったので、製品の写真を写真館で写しアルバムに貼り、カタログにしていました。それを持ち歩き受注を受けていたのは、当時では画期的だったかもしれません。1970年代後半に、Louis Feraudのライセンス商品の革財布を日本のメーカーとしては初めてOEM製作いたしました。

 

128_100_rekisi04 128_100_rekisi03 128_100_rekisi02 128_100_rekisi01

to_catalog01